実況アナの自慰的コラム

好きなときに、好きなことを書きます。

今年もやるYO!ABEMAで観る4年目の東京六大学野球

来ましたね。

4年目ですって。

奇跡です。

 

放送当初は新入生だった選手たちが、いよいよ最終学年に。

なんと感慨深いことでしょう。

ここまで番組を続けられたこと、プレーを楽しませてくれたこと、本当に感謝です。

 

思い返せば、スタッフの皆さんと「あーでもないこーでもない」と試行錯誤しながら、

視聴者の皆さんとコメント欄で励まし合い、ときに戦いながら、

常に新しい野球中継を模索し、作ってきました。

 

番組中には、思い切ったチャレンジもたくさんさせて頂きました。

スカウトの方を呼んで勝手にドラフト会議を開いてみたり、

現役選手に「好きなアイドル」を聞いて1試合丸ごと使って紹介したり、

RAPやったり、現役女子大生を呼んだり・・・。

特に女子大生企画。あれは良かった・・・。(遠い目)

 

 

これだけやりたい放題させて頂きながら、遂に番組が4年目に突入します。

それもこれも、異常に懐が深いABEMAスタッフの皆様と制作の皆様、そしていつもコメント欄で盛り上げてくださる視聴者の皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。

この番組に関わる全ての皆様は、私にとってかけがえのない戦友です。

 

私は番組が始まる当初、「今の1年生が卒業するまでは続けたい」と思っていました。

それが今年、実現しました。

そして既に、次なる目標は決まっています。

それは・・・

 

 

 

「我が立教の優勝を見届ける」

 

 

 

 

これしかないでしょ。

もうここからは超私的にやらせて頂きますよ。

正統派な「ザ・実況」は他の方にお願いします。

私はこの目標のためだけに、今後もやりたい放題やらせて頂きます。

 

もし、この番組から私が消えてなくなったとき、

そのときは、

「ああ、足立のやつ、やりすぎたんだな」

と思っていただければ、それに勝る悦びはございません。

 

4年目のABEMA東京六大学野球中継。

どうぞ引き続き、共に楽しんでいただければ幸いです。

 

最後になりますが、お茶濁し的に今年の各大学のデータを記しておきます。

観戦のお供に役立つかはわかりませんが、どうぞご自由にお目通しください。

今年もABEMAでお待ちしております。

 

 

2021年東京六大学チームデータ

早稲田大学:20秋優勝(10試合7勝0敗3分け勝ち点8.5)
監督:小宮山悟(2019年~・3年目)
主将:丸山壮史(まるやま・まさし):広陵出身。
副将:岩本久重(いわもと・ひさしげ):大阪桐蔭出身。

注目の新入生

・印出太一(いんで たいち・中京大中京)
 高校では主将・捕手。主な同期に中日ドラ1・高橋宏斗、巨人ドラ3・中山礼都。
栗田勇雅(くりた ゆうが・山梨学院)
 1年夏から正捕手。山梨のデスパイネ・野村健太の後輩。
・中村敢晴(なかむら かんせい・筑陽学園)
 右打ちの内野手。2年時にショートとしてセンバツ夏の甲子園に出場。
・吉納翼(よしのう つばさ・東邦)
 左投げ左打ち。外野手。高校通算44本塁打の左のスラッガー。2年春に選抜優勝。

 

慶応義塾大学:20秋2位(10試合6勝2敗2分け勝ち点7)
監督:堀井哲也(2020年~・2年目・元三菱自動車岡崎、JR東日本監督)
主将:福井章吾(ふくい・しょうご):大阪桐蔭出身。
副将:上田寛太(うえだ・かんた):郡山高出身・正木智也(まさき・ともや):慶應高出身。

注目の新入生

・浮橋幸太(うきはし こうた・徳島・富岡西)
 右投げ左打ち。2019年の選抜では21世紀枠として出場し、東邦相手に好投。
・清原正吾(きよはら しょうご・慶應義塾
 清原和博氏の長男。高校ではアメフト部。堀井監督「入部に対する本人の強い決意を感じた」
・本間颯太朗(ほんま そうたろう・慶應義塾
 右投げ右打ち。中学時代はNOMOジャパン日本代表。高校では強打の捕手。

 

明治大学:20秋3位(10試合6勝2敗2分け勝ち点7)
監督:田中武宏(2020年~・2年目)
主将:丸山和郁(まるやま・かずや):前橋育英出身。
副将:植田理久都(うえた・りくと):高松商出身・陶山勇軌(すやま・ゆうき):常総学院出身・高橋聖人(たかはし・まさと):小諸商出身。

注目の新入生

・松島元希(まつしま げんき・中京大中京
 最速147キロのサウスポー。高校では高橋宏斗(中日ドラ1)とのダブルエース。
藤江星河(ふじえ せいが・大阪桐蔭
 長崎出身。サウスポー。高校ではエース。
・池田凜(いけだ りん・履正社
 右投げ左打ち。内野手。高校では2年時に夏の甲子園制覇。強打のリードオフマン
・杉崎成(すぎさき なる・東海大菅生
 右投げ右打ち。内野手。高校通算51本塁打の4番打者。
・横山陽樹(よこやま はるき・作新学院
 右投げ右打ち。捕手。2年時にU18侍ジャパン代表に選出。米国戦では木製バットでHR。

 

立教大学:20秋4位(10試合3勝5敗2分け勝ち点4)
監督:溝口智成(2014年~・8年目)
主将:太田英毅(おおた・ひでたけ):智辯学園出身。
副将:栗尾勇摩(くりお・ゆま):山梨学院・田中大夢(たなか・たいむ):東農大二

注目の新入生

・沖政宗(おき まさむね・福島・磐城高校)
 最速142キロ右腕。2020甲子園交流試合に「21世紀枠」として出場。
・田中祥都(たなか しょうと・仙台育英
 高校時代はセカンド。キャプテン。2020年センバツ甲子園交流試合に出場。
・坂本武紗士(さかもと むさし・北海道・白樺学園
 右投げ。投手。サイドスロー。2020年センバツ甲子園交流試合に出場。
・戸丸秦吾(とまる しんご・健大高崎
 主将・捕手。2020年甲子園交流試合出場。
・朝井優太(あさい ゆうた・健大高崎
 右投げ。投手。元U15日本代表。高校では下に次ぐ右のエース。

 

■法政大学:20秋5位(10試合2勝6敗2分け勝ち点3)
監督:加藤重雄(2021年~・1年目):鳥取西~法政~日本生命。法大4年次には投手として春5勝、秋4勝。
主将:三浦銀二(みうら・ぎんじ):福岡大大濠
副将:後藤克基(ごとう・かつき):滋賀学園・岡田悠希(おかだ・ゆうき):龍谷大平安

注目の新入生

・安達壮汰(あだち そうた・桐光学園
 左投げ左打ち。2年春からエースで4番。2019年県準優勝。最速は145キロ前後。
・篠木健太郎(しのぎ けんたろう・木更津総合
 右投げ。投手。最速150キロ。2018年夏の甲子園で登板経験あり。
・鈴木大照(すずき だいしょう・明徳義塾
 明徳の主将・捕手。
・山城航太郎(やましろ こうたろう・福岡大大濠
 最速149キロを誇る「二刀流」。打撃では主に1番打者として通算21HR。
・西村友哉(にしむら ともや・中京大中京
 右投げ右打ち。高校では1番センターとして活躍。高校の同期に早稲田印出、中日高橋、巨人中山ら。

 

東京大学:20秋6位(10試合0勝9敗1分け勝ち点0.5)
監督:井手峻(2020年~・2年目・元中日)※中日では投手として1勝、打者として12安打1HR。
主将:大音周平(おおと・しゅうへい):湘南高
副将:井上慶秀(いのうえ・けいしゅう):県長野・水越健太(みずこし・けんた):明和。

注目の新入生

・大巻将人(おおまき しょうと・花巻東
 花巻東初の東大生。2浪の末、入学。高3時の18年春夏連続甲子園出場時には、記録員として貢献。
・大友剛(おおとも ごう・仙台一高)
 右投げ右打ち。投手。現役合格。3年夏の宮城県独自大会では3試合に登板し、4強進出に貢献。