実況アナの自慰的コラム

好きなときに、好きなことを書きます。

世界体操2021 男子・ゆか/あん馬 決勝進出選手

2021年10月23日、24日の2日間、ABEMAにて「世界体操競技選手権」のMCを務めます。

実況という訳ではなく、ゲストの皆さんとワイワイガヤガヤ楽しむ役割です。

当日はよろしくお願いします。

さて、競技を楽しむ上で、決勝に進む選手たちの資料を種目別に、超簡易的に作ってみました。

ご興味ある方は是非ご覧いただき、我々と一緒に放送を楽しんでいただければ嬉しいです。

 

男子・ゆか

・予選1位・15.166:カルロス・ユーロ(フィリピン)2000年2月16日 148cm
愛称は「カロイ」。高校生の頃から単身日本に留学。釘宮宗大コーチの下で練習を重ねている。2018年の世界体操・ゆかでフィリピン勢初のメダルとなる銅。2019年の世界体操・ゆかで念願の金メダル。東京2020オリンピックでは跳馬で4位と、惜しくもメダル獲得ならず。今大会は跳馬で予選3位、平行棒で予選1位。

 

・予選2位・14.966:ニコラ・バルトリーニ(イタリア)1996年2月7日 170cm
空中姿勢の美しさや着地の表現力が魅力の選手。ジュニア時代から実力を大きく上げた選手。2021年4月の欧州選手権・ゆかで初の銅メダルを獲得。

 

・予選3位・14.966:南 一輝(みなみ かずき・日本)2000年1月24日 163cm
山口・下関国際高校から仙台大学。現在4年生。2019~2021年全日本選手権・ゆか3連覇。2021年の2月に左足疲労骨折、5月に右ふくらはぎ肉離れ。東京2020オリンピック選考会は出られず。大技「リ・ジョンソンハーフ(後方抱え込み2回宙返り3回半ひねり)」=「ミナミ」成功なるか。

 

・予選4位・14.733:ミラド・カリミ(カザフスタン)1999年6月21日 169cm
母親はロシア人で父親はイラン人。東京2020では個人総合14位、ゆか5位、平行棒8位。W杯ではゆか・平行棒・鉄棒で表彰台。今大会では個人総合で予選16位、平行棒予選3位、鉄棒予選3位。2019年の世界体操で個人総合決勝に進み、東京2020の出場権を得た。

 

・予選5位・14.733:橋本 大輝(はしもと だいき・日本)2001年8月7日 166cm
千葉県成田市出身。市船から順天堂大学。今大会は鉄棒で予選1位、あん馬で予選4位、平行棒で予選5位。東京2020では団体銀、個人総合金、鉄棒金。9月の全日本学生選手権では個人総合、鉄棒、団体総合で優勝。2019年の世界体操には白井健三以来史上2人目となる現役高校生として出場。団体総合ではゆかでミスも銅。

 

・予選6位・14.600:リュ・ソンヒョン(韓国)2002年10月22日 163cm
韓国体育大学1年生。初めての東京オリンピックでは得意のゆかで4位。惜しくもメダル獲得ならず。先日19歳になったばかり。韓国は東京オリンピックで4位が計12個と、あと一歩が多かった。

 

・予選8位・14.566:ヘイデン・スキナー(イギリス)2000年
体操を始めたのは5歳の頃。友達が始めたのを見て、母親に頼み込んでクラブに入った。アメリカの女子選手ミカエラ・スキナーは同姓だが血縁関係はなし。

 

・予選9位・14.533:エミール・ソラブー(フィンランド)1997年3月28日 
2014年ユースオリンピックでメダルを獲得。2019欧州選手権ではゆかで金メダルを獲得。

 

男子・あん馬

・予選1位・15.600:翁 浩(オウ コウ・中国)1998年3月21日
体操王国が誇るあん馬スペシャリスト。

 

・予選2位・15.366:スティーブン・ネドロシク(アメリカ)1998年10月28日 170cm
2015、2016のジュニアオリンピックあん馬金メダリスト。2021年6月の全米選手権では初めて金メダル。子どもの頃から、ゴーグルをつけての競技がおなじみとなっている。

 

・予選3位・15.300:アレック・ヨーダー(アメリカ)1997年1月21日 178cm
東京オリンピックではアメリカ代表として出場し、あん馬で予選4位、決勝6位。
オリンピック前の合宿中には千葉県船橋市の中学校と課外授業の一環で交流した。

 

・予選4位・15.075:橋本 大輝(はしもと だいき・日本)2001年8月7日 166cm
千葉県成田市出身。市船から順天堂大学。今大会は鉄棒で予選1位、ゆかで予選5位、平行棒で予選5位。東京2020では団体銀、個人総合金、鉄棒金。9月の全日本学生選手権では個人総合、鉄棒、団体総合で優勝。

 

・予選5位・15.033:ジョシュア・ネイサン(イギリス)1999年
バーミンガム市立大では建築を学ぶ。勉学と競技の文武両立を図る選手。今年の欧州個人選手権(スイス)では総合12位、あん馬7位、鉄棒19位などオールラウンダーとして活躍。

 

・予選6位・15.000:ナリマン・カルバノフ(カザフスタン)1997年12月6日
2017,2018,2019,2021年と、4大会連続で世界体操に出場。ビッグリザルトはない。2017年世界体操(モントリオール)で新技「カルバノフ(両把手を越えて縦向き後ろ移動・E難度)」を披露。

 

・予選7位・14.933:萱 和磨(かや かずま・日本)1996年11月19日 163cm
千葉県船橋市出身。市立習志野高校から順天堂大学を経て、セントラルスポーツ
世界体操では2015に団体総合で金、あん馬で銅。2018団体総合で銅。2019団体総合で銅、平行棒で銅。東京オリンピックでは主将を務め、団体総合で銀、あん馬で銅。日本勢のあん馬でのメダルは17年振り。

 

・予選8位・14.866:フィリップ・ウーデ(クロアチア)1986年6月3日
35歳のベテラン選手。2008年北京オリンピックあん馬で銀メダル。2014年世界体操・あん馬で銀メダル。かつてはあん馬以外でも、平行棒やゆかで強さを見せていた選手。